六甲山系、特に摩耶・長峰エリアのバリエーションルートを好んで歩いています

岩ケ谷・ジェンガフォール 山中にそびえる垂直の壁

岩ケ谷・ジェンガフォール

【 岩ケ谷・ジェンガフォール 】

●ルート概要 2019年4月21日(日) 晴れ、初夏の陽気

かねてから気になっていた、岩ケ谷に存在するジェンガフォール。岩ケ谷は、摩耶第五堰堤の所から始まる杣谷川の支流です。せっかくジェンガフォールの探索に行くので、いっしょに杣谷川の遡行を楽しもうと計画しました。杣谷砂防ダムの上流すぐの所から入渓し滝を越えていきます。途中、長峰霊園への取水口があったり正副の摩耶第二堰堤を巻いたり、釜へのドボンに巨大なCSと目まぐるしく変化し気を抜く暇もありませんでした。沢屋初心者の私には、今回の探索はかなり難易度が高かったです。また、色々と反省点を見つけられた山行でした。


 

いよいよ登山シーズン到来。阪急六甲も多くの登山者がいました。ここ永峰堰堤前も人が多くなり、この後も続々やってきます。

 

そんな訳で、足拵えは摩耶東谷の渡渉地点にて行います。昨夜慌てて編んだわらじを装着します。本格的は沢の道具は持ってないので、地下足袋に脚絆でのぞみます。

 

杣谷砂防ダムのすぐ先を堰堤内に下っていきます。いよいよ遡行開始です。私にとって水流の中を進むのは、今回が初めての試みなので私のレベルで行けるのか緊張しています。

 

明るい堰堤内から上流をみると、暗い感じが緊張感をさらに高めます。

 

緊張はしているものの、ちゃっかりと山寺尾根への気になっているルートのとっかかりを下調べしています(笑)

 

始めに赤い川床の段滝が連続します。鉄分が多いのか写真でみるよりかなり赤いです。

 

今日は濡れてもいいので、流芯に近いところから取付きます。

 

手で川床を触るとぬめっていますが、わらじが効いているのかフリクションは良好。流れにそって進んでいきます。

 

さすがにこの季節、まだ朝方は寒く感じます。でも、これからの季節はクセになるかもしれません。

 

階段状の斜爆を進みます。いつも杣谷道から見下ろす滝が、この先にありますのでまだまだ緊張が取れません。

 

ここは、右岸に回り込み流れのきわを登りました。

 

いよいよ杣谷道から見えている滝に到着。落差は6m~7mほど。右の細い流芯を登れそうに思いましたが、上で詰まりそうに見えましたので、右岸の壁を登ります。慎重にホールドを探し何とかクリアです。

 

登り切り、滝口から撮影。トップロープで挑戦してみるのもいいかな。

 

すぐ上には、長峰霊園への配水マスが設置してある。この上流に、使わなくなった黒パイプが延々と転がっているのをまずは何とかしてほしい。

 

その先は、杣谷道の徒渉地点まで約40mほどの滑床が続く。日が差すと気持ちの良い渓相となります。右上には杣谷道が見えおり、この先が渡渉地点です。

 

ナメにも負けずしっかり歩けます。大人の水遊びといった感じでバシャバシャ進みます。

ページ:

1

2 3 4 5

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ