よもやま話

よもやま話

遭難予防の読図

遭難事例を通して机上登山を行う ~疑似体験による遭難予防~ 2021年1月21日 原因と結果 ロッコペリの蔵書にヤマケイ文庫のものが多くなって久しい。その中でも、遭難や救助に関するものも多くある。 普段バ...
0
よもやま話

ルートファインディングの必要性

低山の六甲山系で読図は不要?! ~すぐにできる読図と簡単な練習方法~ 2020年12月16日 コロナ禍の影響か、三密をさけて運動不足とストレス解消になるからと登山をする人が増えている。「ソロキャンプ」という新語から分...
0
六甲山エリア

六甲ローカルハイクディスカッションに参加して

六甲ローカルハイクディスカッションに参加 2020年11月14日 会場:六甲ビジターセンター 勝手気ままにバリエーションルートを歩いていると、こんな機会に恵まれることもあるのだと縁(えにし)というものの妙味を知った。...
0
よもやま話

標高点 知らないと探し回る羽目に

【見つからない標高点のナゾ】 登山を始めある程度レベルが上がると、読図という壁がやってくる(と思う)。 そして、山行での高度の目安になるものが、地図上の標高点に示されている数値になる。 下図の、摩耶山周辺の地図を見て頂き...
0
六甲山エリア

六甲ケーブル すれ違いの不思議はここにある

【六甲ケーブルのしみず駅(中間駅)の謎】 六甲ケーブルが中間ですれ違うところに、プラットホーム(写真は現在のしみず駅跡)のなごりを見ることができる。古い資料をみると「しみず」と書かれた駅がそれだ。 現在では、ただの交互通行のた...
0
よもやま話

Optimus8R 温故知新、不思議な出会い

Optimus 8R この道具との出会い Optimus 8R 通称箱ストーブと言われるこの道具との出会いは、20代始めの頃オフロードバイクの草レースチームで遊んでいたころにさかのぼる。 ある時、河原でみんなと練習して...
0