六甲山系、特に摩耶・長峰エリアのバリエーションルートを好んで歩いています

標高点 見つからない寒谷北尾根の608のナゾ

標高点は2種類ある

登山を始めある程度レベルが上がると、読図という壁がやってきます。

そして、山行での高度の目安になるものが、地図上の標高点に示されている数値になります。

下図をみて下さい、摩耶山周辺の地図です。

よく見ると、三角点の場所の標準点の数値は摩耶山「698.6」天狗塚「687.8」とメートル以下の1位まで表記されているのに対し、他の標準点は摩耶山「702」木ノ袋谷「608」となっています。実際に、木ノ袋谷の「608」を探して、その場所にあろうはずの石柱を何度も探しましたが見つかりませんでした。同じく摩耶山の「702」も同様に多くの方が探しています。

 

物事には全てルールがあります。もちろん地図作製にも厳密なルールがあるはずなので、国土地理のHPを精査すると、きちんと標準点を決めるルールがありました。

標準点のを決めるのには、「現地測量」と「写真測量」の2種類があるとあります。「現地測量」は文字通り現地で人が測量を行いますので、基準となる三角点の石柱が設置されています。数字の表記も「・698.6」と正確に表します。対して、「写真測量」は地理院の技官が航空写真を元に決めるようです。なので、そこには目安となる石柱は存在せず、数値も「・702」と目安程度になるようです。

分かってしまえば、スッキリの事なんですがやはりそこに何かあるのではと探してしまうのも人の性でしょう。

ちなみに、摩耶山の「・702」は写真測量になりますが、GPSアプリを使っていくら周辺を調べてもそんなに高いところは見当たりません。昭和54年発行の地形図には「702」の表記はありませんから、それ以降の写真測量での「データ誤差の範囲」といったところなんででしょうね。まあ、今更間違いでしたなんて言われても困りますが・・・特にCafe702さんはね💦。

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ