幻の六甲登山架空索道

六甲登山架空索道の遺構、4支柱を求める

~山中深くひっそりとその姿をとどめるロープウェイの痕跡を探す~

2021年4月13日

アイスロード入り口にある、六甲登山架空索道(ロープウェイ)の登山口駅の遺構周辺が整備され、その姿を誰もが見ることが出来るようになった。

それに便乗する訳ではないが、ロープウェイの架線を支えた4支柱基部も整備されないかと、淡い期待を抱いている。

2017年当時、第1支柱の痕跡はすでにアイスロードにあり、第2支柱の存在はMuscleturtleさんの記録にあった。しかし、他の支柱の情報は位置も含め全く存在しなかった。

そんななか苦労して位置を割り出し、実際にその存在を確認することが出来たのは本当に幸いだった。そして、2019年にも再調査を行い、改めて全容を把握することが出来た。

今回は、2回に渡る調査での考察から現地確認までの記録を更に推敲加筆し、近代建築遺産の資料になればとの思いがある。

※参考及び出典のサイト。考察にあたっては多大なる情報を得ることが出来たので、この場を借りて御礼申し上げたい。また、詳しい歴史についても書かれているので、興味のある方はぜひ一読願いたい。


支柱基部の位置特定のための考察作業

※一部写真はクリックで拡大可

  • 登リ口駅1の写真から「第一支柱(7.9m)」が見えている。
  • アイスロード入って右手すぐの辺り。当時の賑わいがよくわかる。
  • 昭和10年の帝国陸地測量部の5万分の1地図。スタンフォード大にデジタル保存されている。六甲山架空索道(ロープウェイ)とある。等高線はやや曖昧な感じがする。
  • 昭和36年の航空写真。昭和19年に撤廃となってから17年後だが、樹木に道が見てとれる(赤点線加筆)。特に第2支柱があった辺りの切通しははっきりと確認できる。
  • 写真1:旧六甲山ホテルの前にあったテラス奥からの展望(日本郵船:六甲山上クラブあたり)。
  • 写真2:記念碑台からの展望。月見橋と山上駅はドライブウェイと接続していた。
  • 写真3:六甲山ホテルの案内イラスト。しっかりとロープウェイが描かれている。
  • 写真4:同じく六甲山ホテルの案内写真。ロープウェイのゴンドラと第4支柱が確認できる。View of Rokkosan Hotel.Terrace and Ropeway/六甲山ホテル、テラスとロープウェイの眺め
  • 第1支柱(7.9m):登山口駅からすぐのところにある支柱が見えている。
  • 第2支柱(7.3m):平らに開かれた切通しがはっきりとわかる。中央に天望山が見える。ゴンドラがすれ違うので中間地点付近になる。
  • 第3支柱(20.5m)巨大な支柱。その先に山上駅も見える。ゴンドラの上に作業中の人も確認できる。
  • 第4支柱(9.0m)写真-1では、斜面左下に支柱が見える。旧六甲山ホテル、六甲山郵便局も現在の位置のまま。右端に月見橋も確認できる。写真-2では、ゴンドラと支柱の位置関係がよくわかる。
©Rokkopelli

これらすべての情報から、断面図を作成し各支柱の位置を割り出していく。平面誤差は半径30mとした。

踏査を行う

※前述の通り、2回分の記録をまとめる形となり、写真など雰囲気が幾分違っているがご容赦ねがいたい。

新六甲大橋下交差点から表六甲ドライブウェイ(DW)を進み、100mでアイスロードの入り口となる。道なりに進んですぐ、六甲登山架空索道の登山口駅の遺構が見えてくる。

しばらく進むとDWをくぐるトンネルを通過する。その先、小さな谷を過ぎると石段の脇に写真の道標がある。

道標の先すぐ、第1支柱の基部が現れる。アイスロードでは誰もが知る遺構になっている。

  • 第1支柱基部(位置補正済み)
  • 標高 406m
  • UTMポイント 53SNU21014468

真水谷第四砂防ダムを越えていき、すぐに登山道を離れ堰堤内に降りていく。

浅瀬を徒渉後、この大岩を目印に取付いていく。目指す方角は北西方向、標高差100mをジグザグに登っていく。

堰堤工事の残置ワイヤーや石組みなどを見ながら、ざれた斜面を急登していく。

コメント