六甲山系、特に摩耶・長峰エリアのバリエーションルートを好んで歩いています

寒谷 寒滝を経て掬星台下にツメ上がる

寒谷

【 寒谷 】

●ルート概要 2019年3月24日(日) 晴れのち曇り、時々小雪まう春の目まぐるしい天気

杣谷道登山口より杣谷峠に向って進みます。およそ40分ほど登り、摩耶第三堰堤を越えた先にある「行き止まり」の標柱が目印。そこをスイッチバックするように進み、堰堤内に降りたと西正面に摩耶の名瀑「寒滝」が目に飛び込んできます。滝から30mほど上流に右岸に、藪で見えづらいですが岩クズの詰まったルンゼがお目見え。そのルンゼの左脇をよじ登り、寒谷北尾根ルートに乗ります。序盤の急登をしのぎ、すぐに北尾根ルートから寒谷へのトラバースルートへ入っていきます。降り立ったところが第一堰堤手前になります。第一堰堤は、右岸よりちょっと面倒な巻きを強いられます。続く第二堰堤は左岸、第三第四堰堤は右岸より巻いていきます。第四の先は二俣。左俣に進みさらに古い谷止めを2基、左岸より越えていきます。その先も左俣を意識しながら、もろい枯れ小滝を2つよじ登り掬星台下のトイレ脇にツメ上がります。


今日は、昨年末よりご近所という事で連絡を取り合ってた方とマイナールートへ行ってきます。

 

天気予報では、寒の戻りで気温が下がると聞いてましたが思ったよりも温かいスタートです。

 

摩耶第五堰堤上にそびえる、岩ケ谷西尾根の岩塔。しばらく行ってないなぁ・・その前に岩ケ谷の遡行に挑戦しなければいけない。

 

摩耶第二堰堤を巻く鉄製階段を過ぎ、堰堤内に下っていく。わざわざ降りるのは、この先の短い登り返しが面倒だから。ちょっとの事だけど損した気分になる。

 

堰堤内からは、なんてことない渓相だけど渡渉地点まではのんびり歩けるのが好きです。実はここ、アライグマの足跡が良く見つかります。

 

第三堰堤前の石段には、昨年の台風の影響で黒チューブが寄ってきてます。使ってないなら撤去してほしいですね。

 

第三堰堤を巻いていくとこの標柱が見えてきます。「行き止まり」の方向へ進み堰堤内に降り立ちます。

 

久しぶりの「寒滝」。堰堤内西奥にそびえる摩耶の名瀑です。渇水で水量はありませんがやっぱりすごいです。

ページ:

1

2 3

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ