六甲山系、特に摩耶・長峰エリアのバリエーションルートを好んで歩いています

摩耶山クリーンハイク 杣谷道から奥摩耶DWを経て掬星台

摩耶山クリーンハイク

【 摩耶山クリーンハイク 】

●ルート概要 2019年3月10日(日)曇り時々小雨

山に行くようになって、感謝を込めて不定期で行っているクリーンハイク。今日は知人を誘って、杣谷道から奥摩耶DWを経て掬星台までを清掃する計画です。最近、木ノ袋谷方面に行くことが多く、その道中のゴミが目につくようになっていたので、春山シーズンを迎える前に少しでもきれいにしておきたいと思いいってきました。

杣谷道でゴミが多いのは、やはり一般の方も利用する摩耶東谷エリア。今回は、不法投棄に加え、カップ酒の空き瓶や空き缶が目立ちます。序盤でビン類を回収すると、後半にその重さが負担となるが歩荷トレーニングと思いがんばりました。ルート中盤はさすがにビンや缶ゴミは少なく、ティッシュペーパー類やアメの小袋が多くなります。杣谷峠付近はお弁当の空容器や不法投棄が目立ちます。DWにでると、空き缶、ペットボトル、たばこの吸い殻、ファストフードやコンビニのゴミが多くを占めます。掬星台周辺は、ほぼ空き缶とたばこの吸い殻で、恐らく夜景観光に来たかたの仕業でしょう。

後は、ポケットティッシュの類いについては道端に多く見られ、自然には分解しづらいので汚らしく残っています。できれば水に溶けるタイプを使ってほしいです。そして、捨てずにポケットに入れて下さい。

キジウチを、ビニールでやってそのままポイ捨ては言語道断。生理現象なので責めませんが、キジウチの技術も磨いてください、回収不能です。


 

 

すでに、小雨が山から降ってきているが今日は「キレイにする」が目的なので、気にせず同行者との待ち合わせ場所に向かう

 

手前のフェンス沿いの側溝は、毎週お婆さんが落ち葉とゴミを片付けてくれているが、決まってポテチの空き袋とペットボトルが捨ててある。数が5~6袋なので、毎日来ては棄てていく不届きものがいると思われる。ここを、休憩場所に使っているのは決まった連中。ただ、証拠がないので断定はよしておこう。平気で棄てていく神経を疑う。

 

特大のスーパーの袋。これで間に合うかと思ったら、すぐに追加することになるとは・・・

 

今日は「鵜の目鷹の目ゴミの目」で、どんなに小さなクズも回収する心構え。なので、こんな切株が空き缶に見えてしまう。思わず笑ってしまった。

 

杣谷堰堤までの15分ですでにこの量。流されてきたのかカップ酒のビンが多い。他にも車のケア用品や、回収を躊躇したTENGAの使用済み(最悪だ!)。タイヤとバッテリー、家電関係は見送ります。いずれ処理する予定です。

 

杣谷道のもう一台のバイク。杣谷第二堰堤の鉄製階段を登り切った先の谷側にひっそりと棄ててあります。こいつも何とかしなきゃだね。

 

杣谷の巨人の前で小休止。苔むしてきて、いい感じになってきたと思うのは私だけかな。

 

パックマンも苔がいい感じにまとわりついている。心なしか歯が増えてますね。

 

そのせいなのか、コンビニエンスストアでもらえるお手拭きが、手前の沢に捨てられていました。自然界で分解しないので回収します。

 

杣谷峠に到着。トイレはもう使えるようになっていた。ここで、2度目の小休止。スタートしてからすでに2時間が経ってしまった。

 

同行者の物と合わせても、すでに重量オーバー。腕にだるさが出始めています。あ~あ、明日は確実に筋肉痛ですね。奥摩耶DWは、缶ゴミ、ペットボトル、たばこの吸い殻、ファストフードのゴミがいつも大量に捨ててあります。

 

掬星台までもう少し、ミツマタにほっとしながら最後の格闘を続けます。DWのガードレールの向こう側に散乱する、ゴミも懸垂下降の練習をかねて回収してもいいかな。一人じゃ限界があるので協力者が欲しいところ。

 

総重量5キロ弱のゴミを回収できました。今日は全山縦走大会のようで、東屋は大混雑でした。住み着いてるネコもあちこちでエサをねだってます。ガリガリなのはちょっとかわいそうね。

 

ゆっくり、お昼休憩のあと景色を見ようと水場を通り過ぎると、故障していた時計台がなくなっています。修理して復活するのはいつでしょうね。

 

小雨のレンズ効果でしょうか、対岸の山脈がとても近くに見えました。まだまだ、課題の残るクリーンハイクでしたが、ひとまずは良しとしましょう。大型ごみや粗大ごみは役所と掛け合わなければいけないかもね。頑張ります!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ