読図を楽しむ

読図が出来るって楽しい!

このコーナーでは、少しでも「読図を楽しむ」ことができるようになればと思い、難しい話は抜きにしてロッコペリなりの解釈でまとめてみました。

出来るといいな

  • 「山と高原地図」の赤線つなぎから、一歩踏み込んだ山歩きがしてみたい
  • グループ登山やガイド登山から、単独で山に登ってみたい
  • 目の前に広がる尾根や谷…バリエーションルートにも挑戦してみたい
  • 読図の講習会に参加したけど、やっぱり難しい。なんとか地形図やコンパスを使いこなしたい

もし、あなたがこのように考えているなら、読図を始めるチャンスですね。

摩耶太郎
摩耶太郎

でも、読図って難しそう・・・

実は、ロッコペリもそうでした。登山歴はまだまだ浅いのですが「管理人の部屋」でも書いてあるように、普通の山歩きがどうにも物足りないのです。

初めはネットや動画、または書籍などから独学で知識を得ようとしましたが、いずれもど素人の私にはちんぷんかんぷんなものばかりです。何度もあきらめようと思いましたが、実際の山で時間をかけて練習をした結果、ようやく地形図が「読める」ようになって来たのです。

あせらず、時間をかけてじっくり取り組むことで、あなたも必ず読図が出来るようになりますよ。

地図は、迷ってから見ても手遅れです

登山に必ず持っていく物の中に「地図」と「コンパス」は、多くの方が準備されているのではないでしょうか?

ただし、道が分からなくなってからあわてて地図を開いても、現在地はおろか方向さえ見失ってしまい手遅れになってしまいます。

何とかなると適当に進んだ結果、どうにもならなくなって遭難につながることもあります。行動中は、それこそキョロキョロと周囲を観察しながら、常に現在地を把握し続ける必要があるのです。

読図のコツをまとめました

ロッコペリなりに、すぐに役立つよう読図に必要な基本をまとめてみました。フィールドで練習するときは、「ダウンロード」から読図講習会の資料を活用ください。

地形図を読む
私たちが目にする山や谷は、突然できたわけではありません。何千万年にもわたる火山活動による地面の隆起と、それよりも早い水による浸食によって作られました。地形図は、いわば地球の活動の一瞬を形にとどめたものと言えるでしょう。地形図を読み解くことによって、ダイナミックな山の成り立ちに驚くとともに、遭難や道迷いを防ぎ山に対し謙虚になれたらいいと思います。
コンパスを使う
苦手意識の強い「コンパスの使い方」、じつは覚えるのはとても簡単です登山では必要と言われ、一応コンパスは持っているけど使った事ないと言う方が結構いるのではないでしょうか。もしかしたら、地形図の読図が出来ないと使えないと思って...
現在地を知る
現在地を知る方法現在地の確認は、登山口に立った時から始まります。登山中も常に位置確認とルートの先読みを行い、現在地をロストしないようにしなければなりません。ルートから外れ、現在地をロストするという事は「遭難」を意味します。...
GPSアプリ
GPSアプリを使おう特に六甲山は都市山としての性格が強く、主要ルートには案内板が整備され、交通機関をつかえば誰でも六甲山最高峰まで行くことが出来ます。その六甲山を含め東京・高尾山など、低山での遭難原因のトップは道迷いなのです。...
地形図の印刷
地図印刷ソフト準備中「Trekking map editor」がお勧め。これは、縮尺された地形図を正確に印刷するためだけのソフトです。例えば、1/25000の地形図では、1cmが250m、4mmが100mに相当しま...
ダウンロード
西山谷遡行図縁があって複数回行くことになった西山谷の沢登り。その備忘録を兼ねて、「西山谷遡行図・完全版」を作ってみた。読図講習会資料過去にロッコペリが個人的に頼まれて、何度か読図講習会を行ったときに...