六甲山系、特に摩耶・長峰エリアのバリエーションルートを好んで歩いています

管理人の部屋です

 

 

-Rokkopelli-ロッコペリとは、六甲山のRokkoと、旅の精霊のKokopelliとの造語です。《長峰山 天狗梁にて》

管理人のロッコペリです。ちょと自己紹介します。半世紀以上生きてます。播州を発し、その後国内を転々とし今は縁あって神戸市に住んでます。

2014年の9月に、知人の誘いもあって杣谷道から摩耶山に登ったのが初めての山行でした。初登山の感想は「しんどいだけ」でした。あと、自分の体力のなさにかなりへこみました。ただ、山頂についた達成感になにか感じるものがあり、「山と高原地図」を参考にあちこち行くようになりました。

翌15年には、全山縦走大会に出るまでに山にハマったのですが、なにかが物足りないのです。田舎育ちのロッコペリは、探検ごっこが大好きで里山に友達とよく行ってました。そのころの、ドキドキワクワクがまるでないのです。

そして赤線ルートを忠実に歩くだけの山行に、物足りなさを感じ始めた頃に「読図」と出合います。もうそうなると、バリエーションルートを目指すのには時間がかかりません。コンパスと地図を片手に読図に没頭しました。

バリエーションルートは、自己責任です。無事に帰ってくることが絶対条件です。自分で課題を決め、トライ&エラーで少しずつ難易度をあげ攻略することが楽しみになって来ました。

18年には、苦手な沢筋を攻略すべく年初よりチャレンジを繰り返しました。そして19年には、滝登り(シャワクラ)を教えてくれる山友もでき、ますます山への興味が深まっています。このサイトは、2019年2月より始めました。過去の山行を含め、ぼちぼち更新していきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

アーカイブ