ハチノス谷遡行 ハチノス大滝を目指して

【ハチノス谷遡行 初のオフ会】2019.05.26

ブログのコメント等で、以前より交流のあったH氏と初のオフ会が実現。昨年の、六甲全山縦走でお会いして以来の顔合わせだ。

「季節も良いので、ハチノス谷遡行へ行きませんか?」とのお誘いが、今回の山行のきっかけとなった。ベテランのH氏にお誘いいただくなど祝着至極。もちろん、二つ返事でOKだ。

杣谷堰堤内から遡行を開始し、序盤の堰堤をクリアすれば、大小の滝登りが楽しめるのもハチノス谷の特徴。

特に、圧巻なのはハチノス大滝で、30mはあろう滝身には黙って見上げるしかない圧力がある。

H氏がもう一つ挑戦したかったのが、ハチノス大滝手前にある25mの斜爆。ここは、トップロープでクリアしていく。

ロッコペリにとっても、このような本格的な滝登りは初の体験。緊張と興奮がごちゃ混ぜになりながら、初夏を思わせる晴天の中、遡行を存分に楽しむ事が出来た。

結果このコラボを皮切りに、2019年夏はH氏グループと沢三昧を過ごす事となる。


阪急六甲でH氏と合流。昨秋、六甲全縦でご挨拶して以来となる。朝から夏のような日差しで、遡行日和となる。

杣谷堰堤を越えてすぐ、左カーブの所から堰堤内に下って行く踏み跡がある。

堰堤内に降りたち、北を向くと左より摩耶東谷、杣谷川そしてハチノス谷の三流が合するのがよく分かる。

晴天が続いたせいで、水流はほとんど無い。荒れた河原を進んで、ハチノス谷へと向かう。

すぐに、最初の堰堤が見えてくる。真っ黒なコケで覆われた、何とも不気味な堰堤だ。ここは、右岸より越えていく。

その先、ミニゴルジュ風の所を通過する。上方には、杣谷川から長峰霊園への水道橋が通っている。

進んで、黒くぬめった3m程の小滝がお目見え。

H氏は、ぬめる岩肌の弱点を拾ってすんなりクリアされる。先には2番目の堰堤が見える。

同じ所を登ろうとしたが、地下足袋では全く歯が立たず、水たまりへ仰向けに滑落する始末。左岸から巻くように登る。まったく先が思いやられる。

二番目の堰堤も右岸より越えていく。巻き道は風化していて、やや落石に気を遣う展開。

長峰霊園への水道橋の脇を抜ける。この橋は見た目より頑丈で、重量級の私がのっても揺れたりしなったりとビクともしない。

ハチノス谷堰堤から再び谷へ降りる。地元の方は「ハチース」なんて聞いたことがないとの事。ハチノスの縦読みを誤読→ハチースへ誤記と思われる。

コメント