現在地を知る

現在地を知る方法

現在地の確認は、登山口に立った時から始まります。登山中も常に位置確認とルートの先読みを行い、現在地をロストしないようにしなければなりません。ルートから外れ、現在地をロストするという事は「遭難」を意味します。そうなると、現在地が分かっていた地点まで戻るかGPS機器に頼るほかありません。

ここで説明する「現在地を知る方法」は、間違いなく目的に向かうルート上に自分がいることを前提にしています。たとえば、ルート上の乗っている尾根が特徴のない場合でも、おおよその現在地を知ることができます。

1.現在地を確認するための正置(ノースアップ)

正置とは、目の前の風景(地形)と地形図を一致させることをいいます。現在地で正確に行う必要がありますが、特にスタート地点やピークでの休憩後などでは必ず行います。ロッコペリは便宜上「北合わせ」の正置と呼んでいます。

  1. まず、コンパスの回転リングをNに合わせます。
  2. 地形図の磁北線に、コンパスの長辺または縦線をあてたまま、地形図を動かし回転矢印と磁針の赤が重なるようにします。
  3. これで正確に、風景(地形)の北と地形図の北が一致します。

※クリックで拡大

例では長峰霊園の駐車場で正置しました。正置後の目の前に広がる地形は、北西側手前に山寺尾根、北にハチノス谷西尾根から長峰山への支尾根、東に長峰霊園がきちんと一致しています。

道迷いは、見通しのきかないピークやトレースの薄い広がった地形など、読図はしていても思い込みで進んでしまうことでも起きます。休憩後など気が緩んでいるときは、現在地での正置を行うの癖をつけましょう。

2.進行方向を決定するための正置(ヘディングアップ)

カーナビの地図ように現在地が下で、進行方向が常に上にくるよう地図をクルクル回転させて持ちます。カーナビではヘディングアップと呼んでいますが、ロッコペリは便宜上「現物合わせ」の正置と呼んでいます。

例えば、あなたが新神戸に降り立ちハーブ園へのロープウェイに乗りたいとしましょう。駅にあったガイドマップを持って歩き始めます。

写真は、駅から出て生田川の橋の上からの様子です。ガイドマップでは印の位置にいます。これではいちいち頭の中で、風景や方位を変換しなくてはいけません。

そこでガイドマップを回して「現物合わせ」をしてみます。するとどうでしょう、実際の風景とガイドマップが一致しました。正面に生田川、右手にANAクラウンプラザが見えます。

ロープウェイの乗り場は右手方向にあるので、まずは「布引」の大きな交差点を目指します。

進んでいくと確かに布引の交差点が現れます。ここでも、現物の風景とガイドマップが一致していますね。目的地のロープウェイの乗り場には、この交差点を右折すればいいことが分かります。

交差点を右折したら、ガイドマップも進行方向に回転させます。するとどうでしょう、フラワーロードが大きく左に曲がっていき、正面から一方通行の道見えるのが分かります。やはり現物とガイドマップが一致しました。ここまでくれば乗り場はすぐですね。

このようにして、目の前の風景と地図を回転させて合わせる「現物合わせ」をすることで、勘違いからくる道迷いを防ぐことができます。

実際に地形図に置き換えてみよう

現地に着いて一番初めに行うのは「北合わせ」の正置でしたね。「現物合わせ」を行う前に、必要な作業なので確実に行いましょう。

準備中

3.道の変化や周辺の景色から現在地を知る

準備中

4.山座同定

準備中

山座同定は「現在地が分かっている」ことが前提です。現在地から見える山の山名を知るには、コンパスを使って「5.コンパスは3ステップでつかえる」の逆手順で行うことで可能となります。

5.クロスベアリング

準備中

山座同定と似ていますが、本来ならあってはならない事ですがこちらは現在地が分からない場合に使います。そして、クロスベアリングを行うためには、目標物(例えば、有名なピークであったり山小屋やホテル、鉄塔などの構造物)が分かっている必要が有ります。

また、見通しが良くないと使えないため、森の中や夏場の樹木が茂った所では使えません。そして、一般的なコンパスでは誤差が大きいため、現在地も大体この辺りといったレベルしか分かりません。もし正確に現在地を割り出したいのであれば、mil(ミル)目盛りのついたレンザティックコンパスが必要となります。