六甲山系、特に摩耶・長峰エリアのバリエーションルートを好んで歩いています

地下足袋とワラジ

地下足袋の利点

足がいびつな管理人は、いつも靴で悩まされている。これはメーカーや価格によらず、どれもしっくりこないのです。そんな時であったのが地下足袋。地下足袋は、変則的な足でも難なくフィットしてしまう。管理人はバリエーション用と沢用を履き分けている。

以降、工事中

ワラジを編む

貧乏ハイカーの私にとって、沢用の装備はなかなか手が出しにくい。フェルト底のシューズを颯爽と履きこなすメンバーが眩しく見えることもある。だが、もと技術屋の自分にとって創意工夫は身に付いている。いわゆる「改善」だ。

フェルト底の材質を調べると「PP:ポリプロピレン」とのこと。なんだ荷造りひもじゃないかとすぐに察しが付く。いわゆるPPロープってやつね。

子供の頃、祭りやお正月になるとワラジやしめ縄を作らされていたので、それなりに記憶はあったが細かいところの造作の記憶があいまい。沢用ワラジを作るにあたってはネットを参考にさせて頂きました。

中でも、この六甲山系では尊敬するハリーさんのHPが秀逸、ここに紹介させていただきます。

山修行 ~登山とギターとトレーニングの日々~

ワラジについては、ほかの人にも分かりやすいようにと動画を作りました。動画は初めの頃に作った「バージョン1」と「靴用」の2つ。

 

 

現在は踵のズレを解消した「バージョン2」を経て、前足底の強化と経糸を5本にして全体にコシを強めた「バージョン3」に進化しています。

アーカイブ