日柳川遡行 途中から天狗梁へ

【日柳川中流から天狗梁へ至る】2018.11.18

元々、通勤途中に長峰山の中腹に、目立つ岩塊があるのに気がついたことが発端。

不思議に思っていると、nagaminedaiskiさんから「天狗梁:てんぐはり」と教えていただいた。そして、ロスカットハムさんやMuscleさんのレポを参照するといいとご教示頂いたので、早速計画を練って本日実行した次第。

阪急六甲から海星病院を目指し、病院の西側の道路を北上しシル谷地区へ向かう。北上中、右手に水路があるが、実はこれが日柳川と知った時は驚いた。

上流は結構な規模の谷なのに、下流が細くなるのは何とも不思議な感じがする。普通、川幅がどんどん広くなるイメージがあるが、それだけ通年を通して水流が少ないということだろう。

今日は、シル谷地区から少し寄り道をして日柳川へ向かう事にした。日柳川入渓後は、日柳大滝(私称)手前、天狗梁の尾根端を目指す。

尾根端からの、激登りを制した後の眺めは、苦労しただけの事はある。正に「絶景」だ。


阪急六甲の陸橋から、目指す「天狗梁」を探すも全く見えない。

コープ篠原店を右折し、日柳川沿いに登っていく。海星病院の西側の道を北上している。

しばらく道なりに進んで、シル谷地区に入る。右に見える立派な家は、空き家のまま放置されている。なんとももったいない感じだ。

今まで気がつかなかったが、空き家の先、右手に小さな谷止めがあった。

そして、伏流していた水が涌きだしていた。とても綺麗に見える。

進んですぐ、右手に塁のようなものがあり山に踏み跡がついているので、地形図を頼りに進んでみる。

登り始めてすぐ、イノシシ用の箱罠があった。こんなので入るのかちょっと疑問。

そこそこの、傾斜を登っていく。

コンパスによるルートファインディングで、どんぴしゃピークに出るとやはり嬉しいもの。地図上では、特徴的な隠れピークになっている。

さらに、その上にある隠れピークを目指して尾根を登っていく。

こんな所にもマーキングがある。進路は直進方向だが、隠れピークは左手にあるので進んでみる。地形図の「灘区」のさんずい(氵)の一画目の所。

ピークには、何やら作業小屋の跡があり、シャベルが放置されたいた。秘密基地には持ってこいの広さだし、友達とキャンプも面白そう。

コメント