六甲山系、特に摩耶・長峰エリアのバリエーションルートを好んで歩いています

西山谷遡行 シャワークライミングを楽しむ

西山大滝の後、ソーメン滝まではこのような滝と堰堤が連続してやってきます。

 

F12の6m程の滝ですが、流れが集中するので大変な水圧に耐えなければいけません。リュックと50mザイルを担いでのシャワクラは骨が折れます。右岸に楽々巻き道あります(笑)

 

滝口からみるとこんな感じで登って来ます。上を向くと容赦なく水が口に入ってきます。

 

F14の小滝を越えると、西山谷名物「ホッチキス堰堤:D9」に到着です。すべての堰堤にホッチキスあれば楽なんですが・・まあ簡単に登られても困りますからね。

 

F16ソーメン滝に到着です。この滝は写真奥に適度なスタンスがあり、ロープも下がっていますので見た目以上に安心して登る事が出来ます。巻き道は写真右手にありますが、折角なので水際を登りたいですね。

 

ソーメン滝のすぐ上、F17乙女の滝。倒木により過去の写真と比べると様相がからりと変わっていますが、滝の右側に小さなスタンスがありますので、確実に拾いながらクリアします。巻き道は右手より。

ページ:
1 2 3

4

5

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ